間違った5つの対応

不登校解決相談所

080-9114-8318

〒410-1118 静岡県裾野市佐野1081-14

lv

間違った5つの対応

間違った5つの対応

間違った対応①「待ちましょう」

先生に相談する男性生徒

「お子さんが自分から学校へ行くと言うまで待ちましょう」
「お子さんの心が落ち着くまで見守りましょう」
学校の先生やスクールカウンセラーなどからこういわれた経験のある方は多いと思います。
しかしいったいいつまで待てば、お子さんは学校へ行く気になるのでしょうか。
心が落ち着くというのは、どのような状態なのでしょうか。
この言葉にとらわれ、多くの親御さんがチャンスを逃してきました。
休みが長くなればなるほど、学校に復帰するのは難しくなるのは当然ですから。

間違った対応②「登校刺激を与えない」

学校の机

「お子さんの前で学校の話をしないようにしましょう」
「登校刺激を与えないようにしましょう」
これらも学校の先生や医者がよく口にする言葉です。
無理に登校させても仕方がないことは事実です。
しかし、だからといって学校の話をせず、何もしないままでいいのでしょうか。
お子さん自体は、学校に行かなければいけないことはよくわかっています。
わかっていながら、それでも行くことができないのが問題なのです。
だからこそ、そのお子さんの気持ちを前面に押し出してあげることが大切です。

間違った対応③「原因を調べる」

勉強を教え合う男女生徒

お子さんが突然「学校に行きたくない」と言い出したら、心配になりますし、その理由を知りたくなるのは当然です。
しかし、不登校になる原因は、ひとつではないことが多いのです。
学校に復帰したお子さんに理由を聞いてみても、「よくわからない」と答えることもよくあります。
だから無理にお子さんに理由を問い詰めてしまうのは、間違った対応といえます。
理由はわからないままでも、不登校を解決することは可能なのです。

間違った対応④「保健室(別室)登校」

教室の机と生徒

お子さんの不登校を解決する手段として、教室ではない別室に連れていこうとすることがあります。
「別室でいいので、まずは学校に来ましょう」
「保健室でいいから学校に来て、慣れていきましょう」
しかし、別室への登校は決して解決策とはなっていません。
親は「学校に行ってくれた」と安心し、お子さんは「学校に来られた」と考え、先生は「がんばって学校には来ているから、クラスに来られなくても仕方がない」と思ってしまいます。
これではいつまでたっても別室登校から抜け出すことができないのです。

間違った対応⑤「友達の誘いや手紙」

勉強をする女性

不登校になってしまったお子さんに対し、クラスのお友達が家まで迎えに来たり、手紙を預かってこられたりしたことはありませんか。
迎えに来てもらったからと無理に登校しても、おそらく長続きはしません。
一度学校に復帰したのに、また行けなくなってしまうと、お子さんの心に与えるダメージは相当大きなものになります。
しかも先生に言われて“書かされた手紙”は、お友達が自ら書いた手紙とはやはり違っているので、よりお子さんを傷つけることにもなりかねません。

まずは30分の無料相談をご利用下さい。

まずは30分の無料相談をご利用下さい。

〒410-1118 静岡県裾野市佐野1081-14

TOP