メールカウンセリング

不登校解決相談所

080-9114-8318

〒410-1118 静岡県裾野市佐野1081-14

lv

メールカウンセリング

メールカウンセリングのメリットとデメリット

53d6cfae0180c5d91ce80257a393369d_s

1.メールカウンセリングのメリット

①自分の都合のいい時間に相談できる

これは相談者様にとって大きなメリットであると考えています。小さいお子さんがいらっしゃる方や仕事をしている方はカウンセリングの時間をつくるのにとても苦労されているようです。

一般的なカウンセリングのほとんどは予約制となっています。しかし、急な仕事や子どもの体調不良などの突発的な用事ができた場合、カウンセリングをキャンセルしなくてはなりません。

キャンセル料を設定しているカウンセラーも多いため、金銭的にも次回の予約をするのに二の足を踏んでしまいます。しかし、メールカウンセリングであればその心配は必要ありません。相談者が都合の良い時間にメールを書き、送信すればいいのです。

※ 静岡にある不登校解決相談所でもキャンセル料を設定しておりますが、状況によってはキャンセル料をいただかない場合も多くございます。やむを得なくキャンセルしなくてはならなくなった場合は、不登校解決相談所にご相談下さい。対応を検討させていただきます。

 

②移動時間が必要ない

カウンセリングルームが近くにある方の場合は移動時間をきになさる必要はないと思います。

しかし、「学校のスクールカウンセラーに相談したが不登校が改善しない」「近くに信頼できる相談機関がない」というお母さん方の声もよくお聞きします。

遠方にお住まい(東京や大阪、高知、福島などからも相談をいただいたおります)で、カウンセリングルームに来る時間を作ることができない方、お近くにお住まいでも、カウンセリングルームに来室することができない方にはとても大きなメリットとであると考えております。

 

③緊張しやすい人が取り組みやすい

「対面カウンセリングでは緊張してしまって上手に相談ができない!」

こうおっしゃる相談者様もいらっしゃいます。緊張して上手に相談できないのであれば、まず最初はメールカウンセリングで相談を始めることはとても有効です。最初はメールで相談し、改善が確認できてから、訪問や対面、電話カウンセリングに変更するかたもいらっしゃいます。

メールカウンセリングのみで不登校が解決した方もいらっしゃいます。難しく考えず、ご自分にあったカウンセリングを申し込んでいただけることが大切だと静岡にある不登校解決相談所では考えております。

 

2.メールカウンセリングのデメリット

①文字のみでは情報共有に限界が出てくる

メールカウンセリングでは最初に、不登校の子どもの状況を文章にして送信していただきます。しかし、文章を書くのは話をするよりも圧倒的に時間がかかるります。

さらに、訪問や対面(電話)カウンセリングでは、言葉のトーンや言い回し、表情などから伝わる微妙なニュアンスが、文字のみでは全く伝わりません。

メールで得た情報をもとに、不登校の子どもへの対応策を一緒に考えるわけですが、文字からしか不登校の状態を想像しなくてはならないため、その子に最もあった対応策を提案することがで難しいくなってしまう可能性も高くなってしまいます。

 

②情報と現実のタイムラグが生じてしまう!

最初のメールを送信した後も不登校の状態は続いています。すると、最初のメールの返信が来たときには最初のメールを送信したときと不登校の状態が変わってしまっていることもあります。

最初のメールの状態であれば有効な対応も、違う状態の時にその対応を行っても無意味になってしまうことがあります。無意味なだけならいいのですが、逆に状態を悪化させてしまうこともあります。

上のような状況にならないようにするため、静岡にある不登校解決相談所ではなるべくはやく返信をするようにこころがけておりますが、他の相談者様も多くいらっしゃるため、返信は最長で送信いただいた日をのぞき、二日以内とさせていただいております。

 

③不登校の解決に時間がかかる

メールカウンセリングの1番のデメリットが「不登校の解決に時間がかかる」ことだと思います。

文字だけでは情報がすべて伝わらず、タイムラグがあるため、どうしても対応が後手後手になってしまう場合があります。そうすると、訪問や対面、電話に比べて不登校の解決に時間がかかってしまうことが多くあるのです。

 

3.不登校を解決するためのカウンセリングの使い方

① 訪問や対面、電話、メールの上手な活用

不登校解決相談所では、訪問や対面、電話、メールのそれぞれのカウンセリングを上手に使っていただくことを提案させていただいております。

最初は訪問や対面でお母さんや子どもさんとのカウンセリングをさせていただき、不登校の解決の兆しが見え始めた頃には、訪問や対面カウンセリングを電話カウンセリングに変更していただいくといいかもしれません。

不登校の解決の兆しがみえ、子どもが学校に通うようになりましたら、対面、訪問、電話の回数を減らし、メールカウンセリングを初めていただくとことが大切だと思っております。

訪問や対面カウンセリングでお母さんや先生たちができない対応を不登校解決相談所が代わりに行うことで、お母さんや学校と子どもの関係が良い状態に変わっていきます。その後、お母さんたちが不登校解決相談所と一緒に子どもの対応をしていただくことで、お母さん方に子どもの対応の仕方のコツを身につけていただきます。

その後は、メールカウンセリングのみでも子どもは安定すると思われます。なぜなら、不登校解決相談所と一緒に子どもの対応を身につけていただいたことにより、メールを読むだけで実際にどのような対応をすればいいのかを想像しやすくなるからです。

さらに、不登校解決相談所もお母さんやお子さんの性格や対応方法などが分かっているため、お子さんに最もあった対応をメールだけでも提案することができるようになっています。これにより、お子さんの不登校は解決し、その後も登校を継続できるようになっていきます。

ただし、学校に復帰したからと言って、すぐにカウンセリングをすべて中止することはおやめいただきたいと考えております。登校が継続し、安定するまでは月に1回程度の訪問や対面、電話カウンセリングを行っていただき、安定してからはメールに変えていただけるのが最も効率的と考えているからです。

→ いろいろな相談機関に相談しても不登校が解決せずに困っている方。
→ 静岡にある不登校解決相談所の無料相談をご利用下さい。

不登校解決相談所
電話番号:080-9114-8318
住所 〒410-1118 静岡県裾野市佐野1081-14

TOP