不登校は「不幸」?それとも「不幸じゃない」?本当は「登校したい」?大切なのは本人やお母さんの気持ち!

不登校解決相談所

080-9114-8318

〒410-1118 静岡県裾野市佐野1081-14

lv

不登校は「不幸」?それとも「不幸じゃない」?本当は「登校したい」?大切なのは本人やお母さんの気持ち!

お役立ちコラム

2019/05/13 不登校は「不幸」?それとも「不幸じゃない」?本当は「登校したい」?大切なのは本人やお母さんの気持ち!

不登校のままで大丈夫なの?

 

f48dc173168d6df2f84ca16507afc54d_s

 

1.不登校は不幸?不幸じゃない?
2.「不登校でも大丈夫!」と家族が思うなら
3.お子さんの未来のために何が必要か?
4.フリースクールから学校へ戻る
5.本人や家族の意思を尊重します!
6.「本当は学校に行きたい!」「学校には行かせたい!」
7.不登校が悪化しているならその対応は間違っている!
8.お子さんにあった対応の見つけ方
9.このまま不登校でいいの・・・?

 

 

1.不登校は不幸?不幸じゃない?

以前、ブログをご覧になっていただいた方より、このようなメッセージをいただきました。

 

「あなたは不登校を不幸と思っているんでしょう!」

 

私は、ブログで「不登校=不幸」と書いたことは一度もありません。

 

もちろん、不登校でお悩みのお母さん方から相談をいただき、お子さんの対応を一緒に考えさせていただいております。

 

無料相談や本相談をいただき、不登校が解決したご家庭の報告を、このブログで紹介させていただいてもいます。

 

 

2.「不登校でも大丈夫!」と家族が思うなら

メッセージを下さったお母さんは、このようにおっしゃっていました。

 

「うちの子どもは不登校になって4年です!」
「でも、家族で楽しく過ごしています!」
「昼夜逆転でゲームばかりですが、家族の関係は良好です!」
「今の時代、学校に行かなくても生きていけます!」
「いざとなれば、庭を畑にして自給自足をすればいいんです!」

 

このお母さんの考え方はとても素晴らしいものだと思います。

 

静岡にある不登校解決相談所では、このお母さんとお子さんの生活を、否定するつもりは一切ありません。

 

 

3.お子さんの未来のために何が必要か?

静岡にある不登校解決相談所では、「学校に戻すこと」が絶対だと思っていません。

 

もちろん、不登校のお子さんとそのお母さんが「学校に戻りたい!」と思っているのであれば、その思いに協力をさせていただいております。

 

静岡にある不登校解決相談所には、このような相談が寄せられることも多くあります。

 

「子どもが学校に戻るのは厳しいような気がします。」
「ただ、子どもが自信を喪失しているので、自信を取り戻してあげたいと思っています。」「フリースクールへの登校でもいいので、お力を貸して下さい。」

 

さらには、このような依頼をお受けすることもあります。

 

「子どもは今、無気力状態です。」
「将来の希望をなくしてしまいました。」
「一生、このまま、ひきこもると言っています。」
「子どもの気持ちを前向きにするにはどうしたらいいですか?」

 

 

4.フリースクールから学校へ戻る

「一生このまま、部屋にひきこもる!」

 

こう言っていたお子さんは、2ヶ月後、適応指導教室に通うようになりました。

 

「フリースクール登校でもいい」

 

こう言っていたお母さんのお子さんも、1ヶ月後、フリースクールに通い出しました。

 

この2人のお子さんは、最終的には教室に復帰して、普通科の高校に進学をすることができました。

 

もちろん、本人とお母さんの希望をもとに、お母さんと一緒に支援を行い、それに本人が応えてがんばった結果だと思います。

 

 

5.本人や家族の意思を尊重します!

メッセージをいただいた、ご家族は本当に素晴らしいご家族だと思っています。

 

不登校のお子さんの気持ちをお母さんが受け入れ、一緒にいろいろと考えたのでしょう。

 

静岡にある不登校解決相談所では、お子さんの気持ちや特性を考慮し、家族でこのような結論を出したご家族を、不幸と思ったり、否定したりすることはありません。

 

「この子には日本の学校システムは合っていない!」
「逆にこの子の成長の妨げになる!」

 

これは、「不登校」ではないとも考えています。(どちらかと言えば、昔の「登校拒否」と言う言葉のほうが合っているかもしれません。)

 

 

6.「本当は学校に行きたい!」「学校には行かせたい!」

「本当は学校に行きたいけど行けない!」
「将来を考えると、やっぱり学校には行かせたい!」

 

静岡にある不登校解決相談所では、このように思っている不登校のお子さんや、不登校でお悩みのお母さんの力になりたいと考えています。

 

不登校のお子さんの行きたい場所が「学校」なのか、「適応指導教室」なのか、「フリースクール」なのか、それにより対応や支援を変えています。

 

同様に不登校のことでお悩みのお母さんの行かせたい場所が「小中学校」なのか、「適応指導教室」なのか、「フリースクール」なのかによっても対応や支援を変えていきます。

 

もちろん、高校も同様です。

 

「全日制高校(進学科、普通科、工業科など)」を希望するのか、「定時制高校」を希望するのか、「通信制高校」を希望するのか、「高卒認定」を希望するのかにより、対応や支援は変わります。

 

 

7.不登校が悪化しているならその対応は間違っている!

静岡にある不登校解決相談所では、このような相談をたくさんいただいております。

 

「学校、スクールカウンセラー、市区町村の相談窓口、保健師、巡回相談、NPO法人、病院、個人相談所など、様々な場所に相談をしても何も良くなりませんでした!」

 

「アドバイス通りの対応をしているのに、不登校がどんどん悪化していきます!」
「子どもが暴力をふるったり、暴言を吐いたりするようになりました!」
「子どもの将来が心です。」

 

また、お母さん方に「どのような対応助言を受けましたか?」と聞くと、ほとんどが、このような「紋切り型」の対応を指示されていることがわかります。

 

「無理をさせないようにしましょう!」
「本人の気持ちが落ち着くまで待ちましょう!」
「心のエネルギーをためましょう!」
「本人に登校日や参加授業を決めさせましょう!」

 

 

8.お子さんにあった対応の見つけ方

「不登校にはこれが有効!」

 

正直、このような特効薬はありません。

 

だからこそ、静岡にある不登校解決相談所では、お子さんのカウンセリングの前に、これらのことをお母さんからお聞きします。

 

「お子さんの不登校のきっかけ」
「不登校初期の学校の対応」
「不登校初期の家庭の対応」
「不登校の期間」
「対応後のお子さんの様子」
「現在のお子さんの様子」
「それに対する学校や家庭の対応」など

 

そして、お子さんにあった対応をお母さんと一緒に検討して、一緒に支援をしていきます。

 

 

9.このまま不登校でいいの・・・?

静岡にある不登校解決相談所では、このようなことは思っておりません。

 

「不登校=不幸」

 

ただ、不登校のお子さんがこう思っているなら、その希望を叶えてあげたいと思っています。

 

「本当は登校したいんだ!」
「でも、登校できない!」

 

また、不登校でお悩みのお母さんがこのように思っているなら、この悩みも一緒に解決していきたいと思っています。

 

「このまま不登校でいいの?」
「今の社会は、まだまだ不登校だと・・・・。」

 

 

→まずは静岡にある不登校解決相談所の無料相談を!
→全国から、相談の依頼をいただいております。

 

 

東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、岩手、福島、宮城、山梨、愛知、新潟、福井、富山、長野、岐阜、京都、三重、兵庫、奈良、島根、岡山、広島、高知、愛媛、佐賀、宮崎、大分、熊本、福岡から不登校の相談をいただいております。

 

 

不登校解決相談所
電話番号:080-9114-8318
住所 〒410-1118 静岡県裾野市佐野1081-14

 

TOP