無料相談で教えてもらった対応をしたら、翌日に不登校が解決しました!

不登校解決相談所

080-9114-8318

〒410-1118 静岡県裾野市佐野1081-14

lv

無料相談で教えてもらった対応をしたら、翌日に不登校が解決しました!

不登校解決事例

2019/05/04 無料相談で教えてもらった対応をしたら、翌日に不登校が解決しました!

小学校3年生が30分の無料相談で登校開始!

%e4%bc%9a%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%81%84

 

 

1.息子の様子が180度、変わりました!
2.仕事を辞めないと子供の不登校は解決しない?
3.「愛情不足」「子育てが悪い」とは言いません!
4.保育園に子供をあずけたから不登校になったの?
5.出張カウンセリングのメリット
6.電話相談で役割分担の助言!
7.お母さんは○○ちゃんのことが大好きなんだね!(学校声かけ)
8.お姉ちゃんやお兄ちゃんがお母さんを独占する時間を!
9.「お母さんをとられた!」と思うお姉ちゃんとお兄ちゃん
10.相談の翌日から登校を始めた小学校3年生!

 

 

1.息子の様子が180度、変わりました!

先日、無料相談をしていただいた群馬に住むお母さんより、このようなメールをいただきました。

 

「無料相談ありがとうございました。」

 

「先生のアドバイスを受け、学校の先生に声かけをお願いしました。」

「親の気持ちは変わらないのに、子供の様子は180度、変わりました。」

 

「学校の先生にちょっと声をかけていただいただけで、こんなに変化するとは思いませんでした。」

「本当に感謝の気持ちでいっぱいです。」

 

「ゴールデンウィーク明けが心配なので、また相談をお願いいたします。」
「私の対応も悪いところがたくさんあると思いますので、遠慮無くおっしゃって下さい!」

 

 

2.仕事を辞めないと子供の不登校は解決しない?

群馬県に住む、このお母さんは、小学校3年生のお子さんの不登校で悩んでいました。

 

カウンセラーに相談したところ、「愛着障害」と言われ、仕事を辞めるように言われたそうです。

 

夫婦共働きとは言え、子供が2人いるため、お母さんが仕事を辞めてしまうと生活が苦しくなるとのこと。

 

群馬に住む、このお母さんが最初に静岡にある不登校解決相談所に言った言葉がこの言葉です。

 

「仕事を辞めないと、子供の不登校は解決しませんか?」

 

 

3.「愛情不足」「子育てが悪い」とは言いません!

静岡にある不登校解決相談所では、仕事や子育て、不登校のお子さんのことで悩んでいるお母さんに、理想の対応を伝えたりはしません。

 

とうぜん、「仕事を辞めて下さい!」や「子育てが間違っている!」「愛情不足です。」などの言葉を言うつもりもありません。

 

お母さんは、不登校になってしまったお子さんのことが嫌いだから、仕事をしているわけではありません。

 

お子さんや家族のために、仕事をしているのです。

 

もちろん、不登校でお悩みのお母さんの中には「仕事を辞める」選択をするお母さんもいらっしゃいます。

 

ただ、「仕事を辞めた」からと言って、不登校が解決するわけではありません。

 

「仕事を辞めた」としても、不登校の子供に間違った対応をしてしまうと、仕事をやめる前以上に、このようなことが起こることもしばしば。

 

「子供とのケンカが増えた。」
「子供のわがままが強くなった。」
「母親を奴隷のように扱うようになった。」

 

 

4.保育園に子供をあずけたから不登校になったの?

不登校の子供のことで医者やカウンセラーに相談をすると、「愛情不足」や「愛着障害」と言われることがあります。

 

「確かに仕事をしていたため、子供は保育園にあずけていました。」
「仕事をしていないお母さんよりは、接する時間は短かったと思います。」
「それでも、私は子供のためを思ってがんばってきたのに・・・。」

 

静岡にある不登校解決相談所に相談に来て、泣きながらこうおっしゃったお母さんもいました。

 

本当におっしゃる通りです。

 

お子さんのことを考えているからこそ、仕事をしているのです。

 

もし、本当に「愛情不足」なら、お子さんの不登校のことで、わざわざ相談をしたりすることはないでしょう!

 

愛情があるからこそ、相談をしているのです。

 

そんなお母さんに対して、静岡にある不登校解決相談所では「愛情不足です。」などとは絶対に言うことはありません。

 

 

5.出張カウンセリングのメリット

今回、相談をいただいたのは群馬のお母さんです。

 

私が静岡から、直接、お子さんに会うことができれば、お母さんの「愛情」を上手にお子さんに伝えさせていただきます。

 

ただ、今回は静岡と群馬と言うことで、簡単に会いに行ける距離ではありません。

 

もちろん、ご依頼があれば群馬でもお伺いすることは可能です。

 

お母さんやお子さんと直接、会うことができれば、お子さんにあった不登校の解決方法を提案することができます。

 

また、私が直接、カウンセリングを行うことができるため、お子さんの不登校の解決は早くなると考えられます

 

実際、愛知、岐阜、神奈川、東京、山梨、長野、埼玉には、訪問カウンセリングを行ったことがあります。

 

 

6.電話相談で役割分担の助言!

ただ、今回は群馬にお住まいのお母さんと相談をして、電話で相談をお受けすることとなりました。

 

静岡にある不登校解決相談所が、お子さんの様子をうかがい、お母さんやお父さん、学校の先生に、対応の助言をすることとなったのです。

 

無料相談では、お母さんの「愛情」をどのようにお子さんに伝えるかについて、話をさせていただきました。

 

幸い、学校の先生も不登校のお子さんのことを心配して、電話や訪問をして下さっていると言うことでしたので、その役を学校の先生にお願いをすることにしました。

 

 

7.お母さんは○○ちゃんのことが大好きなんだね!(学校声かけ)

学校の先生には、このような声かけをお願いしました。

 

「お母さんも仕事大変だね!」
「でも、家族のためにがんばっているんだよ!」
「お母さん、よく、先生に○○ちゃんのことを相談してくるよ!」
「お母さんは、○○ちゃんが大好きなんだね!」

 

お母さんにはこのようにお願いをしました。

 

「同じように、学校の先生のことを○○ちゃんに伝えて下さい。」
「学校の先生も、○○ちゃんのことを真剣に考えています。」
「お母さんと先生でフォローし合って下さいね!」

 

 

8.お姉ちゃんやお兄ちゃんがお母さんを独占する時間を!

お母さんには、もう一つ対応をお願いしました。

 

1歳の妹さんがいらっしゃるとのことでしたが、少しがんばってもらうことにしました。

 

「○○ちゃんとの時間を週に1回でもいいので作って下さい!」

 

「2人でお風呂に入るでもいいです。」
「公文の送り迎えをお母さんがするでもいいです。」
「寝る前でもいいです。」

「○○ちゃんがお母さんを独占する時間を作ってあげて下さい。」

 

 

9.「お母さんをとられた!」と思うお姉ちゃんとお兄ちゃん

1歳の妹さんには、とても手がかかります。

 

お父さんがいないときは、当然、お母さんが面倒をみなくてはなりません。

 

当然のことなのですが、お兄ちゃんやお姉ちゃんからすると、妹や弟にお母さんをとられた気持ちになってしまいます。

 

当然、お母さんもお兄ちゃんやお姉ちゃんに、「あなたが大切である」と言葉で伝えているとは思います。

 

ただ、子供の立場からすると、言葉だけではその愛情を感じることはできません。

 

できる範囲でかまわないので、お母さんには○○ちゃんとの時間を作っていただくことをお願いしました。

 

 

10.相談の翌日から登校を始めた小学校3年生!

不登校のお子さんのことで悩んでいらっしゃった群馬のお母さんは、ゴールデンウィーク前に、学校の先生に声かけをお願いしたそうです。

 

また、お母さんも意図的にお子さんとの時間を作ったそうです。

 

不登校のお子さんが小学生だったこともあり、お母さんや先生の対応に対して、不登校の子供はすぐに反応をしました。

 

お母さんや先生がこの対応を始めてすぐ、2週間以上、登校できていなかったお子さんがこう言ったそうです。

 

「明日から学校に行く!」

 

そして実際、ゴールデンウィーク前の二日間、お子さんは教室に登校することができたそうです。

 

もちろん、まだまだ心配な面もあるため、群馬のお母さんは静岡にある不登校解決相談所への相談を継続することを決めたそうです。

 

 

→まずは静岡にある不登校解決相談所の無料相談を!
→全国から、相談の依頼をいただいております。

 

 

東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、岩手、福島、宮城、山梨、愛知、新潟、福井、富山、長野、岐阜、京都、三重、兵庫、奈良、島根、岡山、広島、高知、愛媛、佐賀、宮崎、大分、熊本、福岡から不登校の相談をいただいております。

 

 

不登校解決相談所
電話番号:080-9114-8318
住所 〒410-1118 静岡県裾野市佐野1081-14

 

TOP