「カウンセラーに会ってみたい!」と子どもが言った!

不登校解決相談所

080-9114-8318

〒410-1118 静岡県裾野市佐野1081-14

lv

「カウンセラーに会ってみたい!」と子どもが言った!

不登校解決事例

2017/12/01 「カウンセラーに会ってみたい!」と子どもが言った!

「カウンセラーに会ってみたい!」①(「会ってもいいかな」と思うカウンセラー)

%e7%99%bb%e6%a0%a1

 

カウンセラーや医者にこう言われたことはありませんか?
「会って、本人の話を聞きたい!」
「まずは学校に連れてきて下さい!」
「家庭訪問しますので、会えるようにして下さい!」

 

そう言われて、家に帰り不登校の子どもにこう言ったことはありませんか?
「病院に行ってみない?」
「学校のカウンセラーさんと話してみたら?」
「先生が家にくるから会ってみれば?」

 

すると、不登校の小学生や中学生はこう答えます。
「ヤダ!」
「いい!」
「ムリ!」

 

このようなやりとりを家で何度もしているお母さんたちは私にこう言います。
「多分、先生に会わないと思います。」
「会いに行きたくないと言っています。」
「家庭訪問しても部屋からでないと思います。」

 

不登校解決相談所では不登校の小学生や中学生に会わずに、お母さんたちに対応のアドバイスをさせていただき、不登校を解決してきた実績もあります。ただし、不登校の小学生や中学生に会わないで行う不登校の解決は、時間がかかる可能性が高く、お母さんたちのストレスがたまってしまう場合があります。

 

さらに、時間がかかることにより、不登校の小学生や中学生の学校復帰へのハードルが上がってしまうというデメリットもあります。

 

こうおっしゃるお母さんもいます。
「言いたいことはわかるけど、本人が会わないと言っているんです。」

 

今まで、いろいろな働きかけを試してきたお母さんたちだからこそ、そう思ってしまうのもムリはありません。

 

もちろん、静岡にある不登校解決相談所では、本人とのカウンセリングを行うことが不登校解決の早道だと考えております。ただ、不登校解決相談所ではお母さんたちにこういう提案はいたしません
「会って、本人の話を聞きたい!」
「まずは学校に連れてきて下さい!」
「家庭訪問しますので、会えるようにして下さい!」

 

静岡にある不登校解決相談所では、不登校の小学生や中学生の子どもがこう思える声のかけ方をお母さんと一緒に考えていきます。

「カウンセラーの先生に会ってみたい!」

 

 

ほとんどの子どもが「先生に会ってみる!」と言う理由

私は、学生時代に教育実習で新宿の中学校に行きました。そのときの体験から下記のような事を学びました。
「共通の趣味があるとすぐに仲良くなれる!」

 

当たり前のことかもしれませんが、学生時代の教育実習で実感として感じることができました。

→ 学生時代の教育実習でどんな体験をしたの?

 

私は教員とカウンセラー、合わせて22年のキャリアがあります。そのキャリア中で、私は子どもたちの「おすすめ」を聞いたり、見たり、読んだり、遊んだりするようにしていました。子どもたちと仲良くなりたいと言う気持ちもありますが、単純に自分が楽しいという気持ちもあります。

 

「おすすめ」を聞いたり、見たり、読んだり、遊んだりすることにより、私は様々な分野(アーティスト、アイドル、アニメ、漫画、ゲーム、スポーツなど)に詳しくなることができました。

 

不登校になってしまったあなたのお子さんとも、同じ趣味があると思います。もし、共通の趣味がない場合はお知らせ下さい。事前に見たり、聞いたり、読んだり、遊んだりします。ズルいように思えるかもしれませんが、不登校の解決率を上げるために必要な努力だと私は思っています。やはり、不登校が解決して毎日、学校に行けるようになればいいですもんね。
「私の子ども先生だったら会うかもしれない!」

 

→ そう思ったあなた!不登校解決相談所の無料相談を!
→ 静岡にある不登校解決相談所に状況をお知らせ下さい。

 

 

不登校解決相談所
電話番号:080-9114-8318
住所 〒410-1118 静岡県裾野市佐野1081-14

TOP